お名前ツリー(家族のお祝い・記念日)日本製の木のインテリア【名入れギフト】オーダーメイド

家族のお名前ツリー

家族のお祝い・記念に

110,000円(税込)

家族全員の名前が隠れているオーダーメイドのオブジェ。

サイズ(高さ):約20cm
木の種類:デザインはそれぞれ異なります。

家族の絆が目に見えるかたちに。
どこにもないインテリア

For Special Celebration

「家族の絆を形に残したい」お客様の声から生まれました!

家系図よりも愛でていたくなるような、家族の記念になるものを残したい。
すべて一から作る、完全に世界に一つのお客様のオリジナルです。自分の名前を探す楽しみも。
(写真は5人分のお名前が入っています)

お客様の声

Happy Customers

年月とともに色合いが出てくる楽しみがあります

インテリアに名前が入っている所が面白く、来客のときも話が弾みます!年月とともに色合いも出てくると思うと、いまから楽しみです。今回は自分の家族用ですが、記念日などに友人に送りたいです。

Wonder(ふしぎ)がWonderful(すばらしい)ってなる!

眺める楽しみのみならず、見つめて(何やろ〜)と考えさせられるところは”気持ちに余裕ある人”には喜ばれるに違いない!そう思って、家族にプレゼントにしました。何が隠れてるん?なんて書いてあるん?と、考 […]

他にはないユニークさにひとめぼれ!

他では見たことの無い、面白い商品ですね!文字が隠れんぼしているみたいで、ユニークな作品に一目惚れしました。大きさも迫力があって大満足。我が家の玄関に飾っています!!

季節を問わず飾れるクリスマス雑貨♪

待ってました、クリスマス雑貨!落ち着いた感じなので、季節を問わず家に飾って置きたいと思いました。

世界に一つしかない名前の木

Special Order Wooden Gift

世界に一つ

たとえ同じお名前だったとしても、同じデザインにはなりません。お一人ずつデザインするところから始まります。

完全オーダメイド

オーダーをお受けしてから、木を選んで、デザインをはじめます。使用した木の種類もお伝えしています。

お1人ずつ手作り

京都の工房で、丹精込めてお一人ずつていねいに。木の特性も活かしながらの職人技。

誰が作っているの?

Creator

木のおもちゃ作家 多胡歩未(たごあゆみ)

高校生の時「自分がやった事で、子ども達を喜ばせたい!」と思って木のおもちゃ作家になろうと思いました。最初は遊園地の乗り物などをデザインする工業デザイナーになりたかったのですが、デザインだけじゃなくて、最後まで自分で作りたい!その想いを突き詰めたら、木のおもちゃに辿り着きました。どうやったらそんな職業につけるのか分からなくて、学生時代は日本中の木工工房を訪ね歩きました。街のおもちゃ屋さんには必ず入りました。

そこに並んでいるのは、いつもドイツの木のおもちゃ。だから「きっとドイツに何かあるんだろう!」と思って勢いよくドイツに飛び出しました。飛び出たはいいけど、言葉が分からない。語学学校に4ヶ月通って、そこからドイツ中の工房を回りましたそんな中で出逢った1人のヒゲモジャの男性に衝撃をうけ直談判で弟子入り志願をしました。
必死の説明(のつもり)を聞いてくれ、「いいよ」との返事で、結局そこで2年半修行しました。今でもボスは家族同然です

その後帰国し、ボスのところと同じ様な環境を探しarumitoyの工房をオープンさせました。最初は「物置小屋に毛が生えた」ようなところからスタートしました。2015年に今の古民家に移転して「おしゃれ」と言ってもらえるお店になりました(笑)

多胡 歩未
1978年生、武蔵野美術大学短期大学部卒
2001年 単身ドイツへ渡り2年半の修行
2004年 京都府加茂町でarumitoyオープン
2014年 クォーター親子がグッド・トイ受賞
2017年 スレンダー・ブロックがグッド・トイ受賞
2020年 知りたがりやのzappieがグッド・トイ受賞 

どんなコンセプトなの?

Concept

arumitoyのおもちゃはどれも、子ども達の想像力を挟む余地が残されています。基本の遊び方以外にも、自分で考えた遊び方ができるので、前に遊んだ時よりも「もっと楽しいおもちゃ」になるのです。想像力が豊かな子は、自分で判断できる子に育ちます。自分で考えて判断できる人が、これからの社会では必要とされていくと思います。

「なぜ木のおもちゃを作っているのですか?」とよく聞かれます。それは、子ども達の想像力を目の当たりにする時、最高に感動するから!だから、子ども達に負けないぐらい面白いものを目指すし、さらにそこを超えてきてくれるのを期待しています。

だからarumitoyは子ども達の想像力を爆発させる事に全力を注いでいます!環境や安全性にも配慮されており、未来の自然への深いメッセージも込められたオシャレな木のおもちゃなのです。

arumitoy story

名前を木のオブジェにする「お名前ツリー」の制作秘話は?

自分が親になった時、名前を考えることの大変さを知りました。たくさんの候補の中から、どう絞り込んでいくのか。とっても大変な作業でした。その子が一生背負って行くものを一番最初に授けるのって、責任重大すぎて。性格とか声とかナニも知らないのに!でもそれが最初の贈り物で、そこから歴史が始まるのです。
名前って絶対的なアイデンティティですから、歴史の始まるすばらしい記念に贈り物としてカタチにできないかな、、、。arumitoyらしく、、、。と考えたのがお名前ツリーです。一見ただの「木」に見えるけど、なんかちょっと「変な木」だよね?っと思ってよく見たら、「もしかして、、文字、、隠れてる・・・?」ってな感じ。発見した時のサプライズで、私は密かに、してやったり!!って思うのです。

お名前ツリーは発売当初から大人気で、今では沢山のラインナップができました。ウエディング仕様、クリスマスのもみの木仕様、家族全員のお名前が入ったプレミアム仕様、ペットのシルエットとお名前など・・・。名前って本当に唯一無二なんだな〜って思います。

メディアへの掲載

Media

お名前ツリーは、arumitoyの地元京都のKBS京都テレビ「京都あかでみー」でも、谷口キヨコさんに紹介していただきました。記念に谷口さんにもお名前ツリーをプレゼントしたら大変喜んでいただいたんですよ。

受賞

2020.11
知りたがりやのzappie:2020グッドトイ受賞
2017.07
スレンダーブロック:2017グッドトイ受賞
2014.06
クォーター親子:2014グッドトイ受賞

メディア・講演

2018-2020

2020.07
KBS京都ラジオ「サウンド版ハンケイ500m」で紹介
2020.07
フリーマガジン「ハンケイ500m」に掲載
2020.01
広報誌「三洋化成ニュース」に掲載
2018.12
広報きづがわ「絆」掲載
2018.05
奈良の情報誌「ぱーぷる」掲載

2016-2017

2017.12
昭文社『ことりっぷMagazine 2018冬号 vol.15 に掲載
2017.09
京都新聞『仕事人』2017年9月14日朝刊に掲載
2017.09
『Discover your own KYOTO Infused with Tea』に掲載
2017.08
広報きづがわ8月号に掲載
2017.05
広報誌「三洋化成ニュース」に掲載
2016.07
KBS放送「京都あかでみー」出演
2016.05
朝日放送「ココイロ」出演
2016.05
毎日放送「Catch」出演
2016.01
エイ出版社ムック「0~3歳のためのギフトカタログ」掲載

2010-2014

2014.11
KBS京都「てっぺんとったるで ~宇治編~」出演
2013.04
PHP研究所「女子彩才 わたし色の生き方」に掲載
2012.12
毎日放送「ポテトなじかん」出演
2012.09
木楽舎 月刊「ソトコト」10月号に掲載
2012.03
BS-TBS「女子彩才」出演
2010.05
雑誌「オレンジページ」に掲載
2010.02
フジテレビ「キレイのタネ」出演

2004-2009

2009.02
NHK総合「京いちにち」ニュース610出演
2008.11
雑誌「Leaf」11月号に掲載
2008.09
よみうりテレビ「ズームイン!! SUPER」出演
2007.10
「京都新聞」に掲載
2007.05
技術評論社「雑貨・ファッション小物を仕事にする」に掲載
2007.04
主婦の友社ムック「おもちゃが大好き!」に掲載
2007.02
京都新聞「トマトマガジン」2月号掲載
2005.05
アスペクト社「手作り雑貨のお店ができました」に掲載
2005.03
毎日放送「ちちんぷいぷい」出演
2005.01
「朝日新聞」に掲載
2004.12
「京都新聞」に掲載
2004.11
アスペクト社「手作り雑貨ができました」に掲載
2004.09
アサヒファミリーニュース社「暮らしの風」9月号掲載

オーダーメイドで名前を贈る家族のお祝い

家族のお名前ツリー

110,000円(税込)

アルファベット名前

通常 2ヶ月程度でのお届けとなります。

ひらがなで家族5人分までのお名前です。

サイズ(高さ):20cm
送料区分:60サイズ
木の種類、デザインはそれぞれ異なります。

商品名家族のお名前ツリー
高さ約20cm
素材素材はそれぞれ異なります。
備考デザインはそれぞれ異なります。

関連商品

arumitoyでのお買い物が、どのように「森を100年後の子ども達につなげる」のかご覧ください。