「失敗したら終わりですね・・」って言われます

こんにちは。

木工アーティストのあるみです。

 

突然です。肩書きを変えました‼️😆

慣れません🤣🤣🤣

 

でも。

私が肩書きに寄っていきます。

なぜなら、これからやっていきたい事が、

「木のおもちゃ作家」のままだとやりにくいからです。

 

非常にやりにくい。

いや、今までもうすうす感じてはいました。

だけど、私は木のおもちゃ作家なんだと

なんか頑なにそこに留まっていました。

 

おもちゃは私の原点なので、

ないがしろにしてはいけない

という想いから、

最終的には呪縛のような思い込みに

すり替わってしまっていたんだと思います。

 

だから、ないがしろになんてしない、

木のおもちゃも、ちゃんと大切にできる名称として

木工アーティストにしたんです。

「木のおもちゃ」を内包しているんです。私にとってはね。

 

新発売の木工アーティストのあるみを

どうぞよろしくお願いいたします🤗

 

 

さて、タイトルの「失敗したら終わりですね・・」

ってよく言われますっていう話。

 

お店にいらしたお客さんによく言われるんです。

 

こういうのとか、

こういうの

をじーーーーーーっと見つめるお客さんは、

見つめた後に、ボソっとため息まじりに言います。

「わ〜ぁ、、、、でも、、、1箇所失敗したら終わりですよねぇ、、、、、」

って。

でも‼️

私、失敗しないんです😆

糸ノコで切り出す時は、下絵を描いた紙を貼るか、

直接材料に下絵を描きます。

その線に沿って刃を当てていくんですけど、

私、「下絵」が完成形だとは思っていないんですよね。

相手が木材ですから、

なにが起こるか分からないんですよ。

細かく切り出してみたら、実は中が割れたいたなんてことしょっちゅうあります。

外からは見えないので、回避しようがありません。

真っ直ぐ切りたいのに、フシがあって堅くて進めない事もあります。

必要な部分を間違って切り落とすことはあんまりないけど、

そういう可能性もあります。

そういうのを失敗というなら、

私の作品は永遠に完成しないし、失敗作を並べてることになっちゃうな😭

私はその場でデザインを変えちゃいます。

その時の素材と状況に合わせて、違う線を引きます。

最初から、こういうデザインでしたけど、なにか??🤭

ってカオしてお店に並べてますけど、なにか?🙌

決してお客さまをバカにしているわけではありません‼️🙏

どんな材料もムダにしたくないのと、

正解は自分で創り出せるっていう思考回路と

枠にはまれない私の生きて行く術なんででございます。

失敗も内包する、

失敗しない木工アーティストのあるみです😆

失敗しても終わりませんよ〜🙌 大丈夫❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

木のお椀。あなたは「買いたい」派?「やりたい」派?

木のお椀、買うか、塗るかどっち

こんにちは〜!

木工アーティストのあるみです。

実は今年に入ってひょんな事から、金継教室をやっています🙋‍♀️

教室でも最初はまじめに『金継ぎ』をやっていたのですが、

そもそも私が、金継ぎは必要に迫られて始めたぐらいでして、

元はと言えば、『色漆』に惹かれて、

漆の扉を開いたという経緯がありまして、

いつの間にか、私の金継教室では

「お椀を塗る」or「木製品のお手入れをする」or「金継ぎをする」

というコトになっております😅

↓金継教室の経緯はこちら↓

週イチでレギュラーをつとめる、超超ローカルラジオ「みかのはラジオ」で、ポロリと口にした一言からナゼかやることになった金継教室。不思議な流れに乗ってみたら、今や府外からも人が押し寄せる人気の教室になった。

その名も「みかのはラジオ 金継教室」

ラジオ局おかかえ文化教室のテイだ。

金継ぎなんてマイナー工芸なのかと思っていたら最近はそうでもないらしく、「ずっとやってみたかった!!」言うヒトばかりが来る。

いつかヤル日のために割れた器を溜め込んでいたヒト🥴

割ってしまったご主人の大切なお茶碗を何年も温存していたヒト😬

欠けてないのに欠けていると思って持ってくるヒト🤭

火鉢を持ってくるヒト😱

器を忘れてくるヒト😭

カオスで破天荒なお教室になりつつあります。

そもそも私が漆を始めたのは「色漆」を作りたかったから。

安全な塗料として漆に興味を持ちその色味にホレて、教室の門をたたいた。

通いはじめた当初は、他の生徒さん達が金継ぎしている横で一人、漆を練って、せっせとカラーパレットを制作しているような、先生にも前代未聞の生徒だったのだ。しかし先生は、私のカラーパレットを「財産だよ!」と言ってくれる。

その後あらゆるモノに「色漆を塗る」という実験的制作物を作っては笑い、作っては驚き、先生もたまに便乗して数年間遊んでいた。

そして何年か経ったある日、わが家の器が割れ、ようやく金継ぎをやることに相成ったというのが私と金継ぎの経緯だ。もう15年以上前のはなし。

いつしか教える側になり、いろんなヒトと器達を見てきたけれど、

「みかのはラジオ 金継教室」なんなんだ、この自由感!?

と思ったら、↑に書いたような私がいっぱいいるだけのハナシなのだと今悟った。

Facebookより引用

これが私のカラーパレット。

こんなに美しい色が作り出せるのに、

漆を接着剤としてだけ使うなんて

ありえーーーん😱

漆って、そもそも「樹液」なんです。

だからどれだけ精製しても、元の色は「茶色」なんです。

紅茶のような透明な赤茶色。

ですので、漆で「透明」とはこの「透明な赤茶色」を指します。

この赤茶色の漆を『呂色漆(ろいろうるし)』といいます。

黒と区別して、「赤呂色(あかろいろ)」って呼びます。(透明な漆のことです)

赤呂色に顔料を混ぜたものが色漆です。

黒だけは酸化鉄を混ぜて「黒呂色(くろろいろ)」って呼びます。

まぁ、名前はなんでもいいんです😅

私が言いたいことはここから‼️↓↓↓

そもそも赤茶色の漆なので、

そこに顔料を混ぜると、

乾いたときに何とも言えないアースカラーに勝手になるんです。

勝手にですよ!

アースカラーって意図的に作ろうと思うとなかなか難しいのですけど、

漆で作ると自動的なんですよ〜😍

乾かし方でね、発色が変わったりして、

そこはまた逆の意味で「勝手に」なんですけど😆

ハナシがそれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です