くっそ悔しすぎる学校での出来事

あぁ、そのカオは・・・

話を聞かなあかんやつ。。。

 

一言、二言、声をかけて、

 

・・・重症だ。

これは泣くヤツや!

 

学校から帰ってきた娘を一目見て悟る。

 

 

話はこうだ。

テストで痛恨のミスをしでかしてしまった。

それが悔しくてたまらない。

 

分からなくて点が取れなかったワケではなく、

答え方を間違えた、漢字を間違えた、

という、うっかりミス。

それがどれほどに悔しいのかを話しながら

怒り心頭で暴れ泣くほど。

 

さらに悪いのは、そんなテストが2枚もあることだ。

聞くところによると、1コマの中で同時に2教科のテストを受けたのだそう。

その2枚共にうっかりミス発生。

悔しさMAX!

 

そういう日だったのね。。。。😊

 

そんな1回のテストで人生決まらんよ・・と思うけど、

小学生、学校と家がほぼ全ての世界。

もう人生オワタ感満載。

 

 

 

ところで私は、このところ、

自分の人生をどう創造するか

という事を学んでいる。

 

そこでの教えは、

自分の感情をどうやって現実に落とし込み、創造に転化させるか。

良いも、悪いも、全部まるごと現実であって、どれだけ受容し、活かすか。

 

 

そこで、ピンと来た!

 

娘よ、これはチャンスだ!

悔しさに飲み込まれているうちは、成長はない。

せっかく転んだのだから、何かを掴んで立ち上がれ!

 

そこで暴れ泣いている娘に、こう伝えた。

 

私:「分かった。悔しいのは分かった。充分、分かった。

でも泣いていても、何ももたらさない。

それだけ悔しいのならば、その気持ちを作文にするといいよ。

涙がでるほど悔しい気持ち、それほどまでになる理由、

そしてこれからどうするのかを書いたらいいやん。

それで、それ、今日の自由勉強になるやん!サイコー!」

 

娘:「そんなんで、テストの点変わらへんもん・・・」

 

私:「あったりまえやー!

でもその経験をどうするかで、未来は変わるで。

テストの点だけで評価されるようなつまらん世の中じゃないで。」

 

娘:「ふ~~~~ん・・・・😩」

 

 

しぶしぶ書き始めて数十分。

「終~わった♪すっきりしたわ!」

とルンルンしていた。

この立ち直りの速さは母を越えている😅

 

 

翌日。

 

娘:「お母ちゃんっ!自由勉の作文、先生が『感動したっー!』って言って、

A゜(最高評価)とキラキラシール貼ってくれた~~~❣️❣️❣️」

 

と昨日と全然違うカオで言い、

さらに、笑顔で握手まで求められ、

母娘同盟のさらなる結束が生まれた😅

 

 

作文の最後には、

「もう絶対、一生クソショウモナイマチガイをしないと決意した」

と書かれていた。

ずいぶん勢いよく書いたもんだな、娘よ。

同盟国として言っておくと、そのようなコトバは我が国にはありません😤

 

 

 

読者のみなさまへ。

どこかでウチの娘に出くわすことがあっても、

どうか知らんぷりをば!

娘に締め出される母とかイヤですから~🤣

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です