愛するペットを心を込めて供養する方法ってあるの?

旅立った後も、家族に大切にされていると感じれば、

ペットのたましいも喜び、安心して天国で過ごすことができます。

ペット 供養 オーダーメイド

ペットのためのお仏壇みたいなものは作ってもらえるのですか?

木のおもちゃ作家 あるみです。

先日、こんな質問をいただきました。

もちろんお受けいたしますよ。
ペットでも人でも、あなたの大切な存在であることには変わりありません。

大切なペットにもこころを込めて、帰れる場所を用意してあげたい気持ちは、
よく分かります。人も動物も一緒に過ごした家族ですから。

 

ペット供養:お名前オブジェ「むぎまる」

ペットゆえに、なにをしてあげればいいのか分からない・・・

それこそペットの供養には、
「何かしてあげたいけど、どうしていいのか分からない」
という声もよく聞きます。
形式にとらわれず、あなたの思うようにしてあげるのが一番だと思いますよ。

旅立った後も、想い出と共に大切にされていると感じれば、
ペットのたましいも喜びます。
たまに帰って来たときに、自分の場所がちゃんと用意されているなら、
安心して天国で過ごすことができます。
それは人も動物も同じです。

旅立ったいのちは、残された人達を心配しています

亡くなったペットは、飼い主のあなたが、こころ安らかに過ごしてくれることを
一番に願っているのです。
自分がいなくなったことで、嘆き悲しんでいる姿はペットにとってもつらいものです。

ペット供養:お名前オブジェ「うらら」

どんなことをしてあげられるの?

なかった事にはしたくない!
その気持ちが分かるから、
大切な存在を感じていられる場所を用意してあげませんか?
と提案しています。

ペット供養:お名前オブジェ「ミント」

手を合わせられるたましいの帰る場所

お仏壇とまではいわないけれど、
想い出の品や、写真などを飾って、
いつでも愛するペットを感じられ、手を合わせられるものをお作りしています。

ご希望をお聞きし、完全オーダーメイド

ご家族のご要望や想いを丁寧にヒアリングして、
愛するペットのためだけにデザイン・制作します。

どうすればいいの?

愛するペットを形式的ではなく、
心を込めて供養したいあなた。
どうしていいのか分からないけど、
相談してみたいあなた。
なんらかの答えが見つかるとおもいますよ。
お問合せください。
https://arumitoy.net/contact/

 

なぜ、このプロジェクトを始めたのか

arumitoyは、いのちの始まりと終わりを見つめています。

木は伐られた後も生き、そして最後は土になり、次のいのちをはぐくみます。
木の使命に携わっているからこそ、いのちについて考えます。
人間でも、動物でも、木でも、一つの大事ないのちなんです。

それは木の一生、森のめぐみそのもの。
いのちの循環する森(大自然)のなかに、本来は生かされているんだということを
忘れないようにしたいです。

 

お客様の声

京都府M様

私が小学生の時から飼い始めた実家の犬がなくなりました。16歳でした。
両親もペットロスで落ち込んでいるため、何か形に残したく、オーダーメイドで名前入りの木をお願いしました。

生前の写真から犬の容姿を再現していただき、とっても身近に感じることができます。

ことのほか落ち込んでいた父も、とっても嬉しそうに眺めていますので、贈って大正解でした。

本当にありがとうございました。

 

東京都E様

長年連れ添った犬の死は、思った以上にこたえました。

そんな折、この作品を手にし、生前の姿と共に毎日目にすることができます。

名前と姿、飼い主にとっては唯一無二のものであるこの2つを、目に見える形にしてくれたことが、

なによりも心を和らげてくれます。ありがとう。