img_0140 img_0141

谷林業の精鋭たちが、arumitoyを襲撃…ではなく、先日切り倒したというクスノキを担いで旋盤の勉強にいらっしゃいました。
乾燥させずに使えるこの方法に、私はどハマりしておりまして、彼らにも可能性を知ってもらいたかったのです。みなさん本当に楽しかったようで、少年たちって感じでした。新しいプロジェクトの一歩が踏み出せそうです。
このクスノキ、今日使った部分は直径20cmもある枝で、幹の径は60cmを超えています。何十年も森を見ていたにちがいありません。やむなく倒すことになってしまったのですが、木はその後も生きられる術があるのです。木の命をお預かりして、再生させられるこの仕事が好きです。私に命を預けてくれてありがとうと思います。今日、とても嬉しかったのは、切り倒した彼らが、自ら形を作って、大事に持ち帰ってくれたことです。
残りのクスノキも私が新たな命を吹き込みます。でもあんな大径のお方はどうやって生かせばいいんだー!