フクロウのやってくるお店♡

木のおもちゃ作家 あるみです。

先日も紹介しましたが、

2週間ほど前、

朝の5時に、ムスメが工房の横でフクロウを目撃したらしいのです。

橋の欄干に止まっていたそうで。

 

私が始発の電車に乗るために、

車で送ってもらおうと家を出たすぐのところなのですが、

外は真っ暗で、めっちゃ寒くて、フロントガラスが凍っていて、

オトナは前ばかり見ていました。

ムスメは後部座席の窓から見たそうです。

声にならない声を出していたのは知っていたのですが、

10mぐらい通り過ぎたぐらいに、

「今、フクロウがいた!」

なんて言うのです。

 

「えーーーーーーーーー!!!???」

引き返したい。でも電車がー(涙)

 

うらやましすぎて、

一緒にいたのに、全然気づけなかった自分に腹も立つし、

「早く言えよ−!」とか言いそうになるし、

泣きそうでした。

 

「どんなんやった?どんなんやった?」

を連呼して、根掘り葉掘り。

「あ〜、ゆっくり聞いてられないけど、絵書いといてねー。」

とお願いして仕事に行ったのでした。

そして、目撃者の絵がこちらです↓ もちろん左側のです(笑)

arumitoy 木のおもちゃ フクロウ 森

 

「目がまん丸でね」

「ふさふさしててね」

「大きくてね」

「しっぽもあったよ」

 

うらやましすぎる!

もしかしたらオトナには見えないヤツかも知れない

とか気休めに思ってみたりしたいところです。

 

 

でも、「フクロウがいた」しかも自宅の横に。

その事実だけで、なんだかめちゃくちゃ嬉しくて、

そんな所に住んでいるんだ♡とこの場所が愛おしく感じます。

 

 

夏に同じ場所でホタルが見られます。

毎年ホタルを見る度に、

まだここにもホタルが出るんだぁ〜

ととっても安心するのです。

水の事とか、空気の事とか、土の事とか、

いろいろ気になる事はあるけれど、

また今年もホタルが来てくれた。

まだ大丈夫なんだ!

と勝手に安心してしまうのです。

 

そして、ここにはフクロウもやって来る!

本当に、めちゃくちゃ嬉しいんです。

ホッとする。そういう事実がある事が。

 

私の作りたい3ヘクタールの森にも、

フクロウ来てくれるかな〜。

オトナには見えないヤツでもいいから来てね!

 

それにしても、うらやましすぎて、

未だにムスメをつかまえては、

「ね、フクロウどんなんやった〜?」

と聞きまくっている母です。

 

arumitoyは

人と、エネルギーと経済が循環する森を作りたいのです!

 

arumitoy_vision 木のおもちゃ 森 自然

ビジョン