出産祝いは何が喜ばれるの〜?

・そのおもちゃ、安全ですか?

・そのおもちゃ、長く使えますか?

・そのおもちゃ、どこに売っているの?

 

フスフス(人形遊び):名前ギフトセット 日本製の木のおもちゃ【出産祝い・誕生日】

木のおもちゃ作家 多胡歩未です。

「出産祝いを探していて〜」とご来店される方、とっても多いです。
そして来たはいいけど、「どれを選んだらいいのか分からない。」
とご相談を受けます。

本当に大切に想っている人に贈りたいのなら、
消えてなくなるものよりは、
「あなたにもらったものだから」とずっと大事にしてもらえるような
贈り物をしたいですよね。
そんな風に相手も気に入ってくれたら、
贈ったほうはこんなに嬉しいことはないと思います。

先日のお客様からのお手紙に、
「この前遊びに行ったお家で、私が以前に贈ったおもちゃを、
下の子が使ってくれていて、とっても嬉しかったです!」
とわざわざご報告してくれました!
いやぁ〜、こちらとしても、作家冥利に尽きます!!

木のおもちゃ arumitoy 赤ちゃん モデル

 

お祝いは気持ちなので、何を贈っても間違いなんてありません。

ただ、贈る側はいろいろ気を遣うものです。

現金じゃ味気ないから、
「何か、ちょっと、気の利いたものを・・」

お祝する赤ちゃんの、お母さんを知らない場合には、
もっと悩むと思います。

arumitoyのお客様にご購入の決め手をアンケートしたところ、
必ず出てくる答えが3つあります。

・口に入れても安心だから
・長く使えるから
・他のどこにもないから

 

赤ちゃんが口に入れられる安全性

 

arumitoy 木のおもちゃ 赤ちゃん モデル

子育てママと話をしていると、
「絶対に、口に入れても安心なものがいいっ!」
と声をそろえて言います。

「キャラクターもののプラスチックの人形。
食べまくって、塗料がはげてて。
絶対食べちゃってるよね〜。やめてほしいわ〜」

聞くわ、聞くわ。この手のお話。

 

着色には大きく分けて、2種類あります。
「染める」か「塗る」か。

 

染めるのは「浸透させる」方法。
材料に染み込ませて色をつけています。
ゆえに、プラスチックには使えないですね。

塗るのは「定着させる」方法。
材料の表面に色の膜を作っています。
「塗装が剥げる」のはこのタイプです。

あと、プラスチックなら、
材料に「直接練り込む」
という方法もありますね。
この場合は剥げることはないですね。

どの方法にもメリットはあります。

「剥げる」かどうか
という観点においては、塗るタイプは不利ですが、
表面保護という役割を果たしている事もあります。

arumitoyの着色に対する考え方は、
方法ではなく、「何を使うか」だと思っています。

原料は一体何なのか。
着色して完成したものを、生産者自身が舐められますか?
という事だと思います。

木のおもちゃ arumitoy 赤ちゃん モデル

私は舐めました!
舐めてみると、
赤ちゃんの気持ち、分かりました。
なんで口に入れるのか。
なんでやめないのか。

答えは赤ちゃんに聞くか、
ご自身で体験してみてください。
こればっかりは、言葉にできない(笑)

arumitoyの塗料に対するこだわりは
こちらに詳しく書かれています。

安全と環境へのこだわり

長くなりましたので、ひとまずここまで。
次回は

「そのおもちゃ、長くつかえるの?」

というお話です。

 

出産祝い、せっかく贈るなら、
世界に一つの、お名前入りギフト。
https://arumitoy.net/toysgoods-cat/giftset/