木のおもちゃを投げて当たったら、痛くありませんか?

木のおもちゃ作家 あるみです。

「投げて当たったら痛くないですか?」
「指をはさみませんか?」

お客様からよく聞かれます。とても多い質問です。

おもちゃを投げて、当たったら痛いかどうか。
くるくる回るおもちゃに指をはさむかどうか。

当たったら痛いにきまってます。
回っているところに指をもっていけば、挟むにきまってます。
もちろん痛いでしょう。

 

木のおもちゃ arumitoy

そこでどうするか。

当たって痛いものは渡さない?
指を挟まないようにカバーをする?

そんなの、愚の骨頂です。
そんな事をしているから、
今の子ども達は、すぐにキレるとか言われるんだー!

問題にぶつからないようにするのではなくて、
問題を解決する方法を教えるのが
大人の責任だと思います。

堅いおもちゃは当たったら痛い!!
だから投げるモノではないのだよ。

回るおもちゃは指を挟むよ。
挟まったら痛いよ。
だからここを持って回してね。

それだけを伝えればいいと思うのです。

例えば、おもちゃを投げて、お友達に当たって、
大変な事になってしまったら。

当たって痛くないおもちゃだったら、
この問題は起きないでしょうか?

別の形で起きます。

問題はおもちゃが堅いかどうかではないからです。

問題は、
投げる場所がない事かもしれないし、
何か別の事にイライラしていたかもしれないし、
人に当たったら痛いという事を知らないのかもしれない。

その問題を解決しない限り、
おもちゃが柔らかかろうが、
カバーがあろうが関係ないのです。

教えてあげてください。
おもちゃで人を叩いたら痛いのだと言うことを。
どういう事になるのかということを。

思いっきり投げてもいい場所を作ってあげてください。

心の声を聴いてあげてください。

そして一緒に解決してあげてください。
一緒に乗り越えてあげること
大人はやるべきなんだと思います。

 

HOME