「たましいのおうち」プロジェクト始動

今日は送り火。

お盆で帰った来た大切な人達を再びお見送りする日ですね。

たましいのおうち

arumitoyは「たましいのおうち」プロジェクトを始めます。

この企画を世に出そうと思ったのは、私自身が経験したからにほかなりません。
でもこの企画を出すのには何年もかかりました。
それでも必要としてくれる人がいるのなら、自ら進んで前に出ようと思ったのです。

あなたの周りに、「たましいのおうち」を必要としている方がいれば、ぜひシェアいただければと思います。

木のおもちゃ作家 多胡歩未

「たましいのおうち」のおはなしはこちら↓

たましいのおうち 大切な人を亡くしたぽっかりさんへ

たましいのおうち

売っているもの、既製品、あてはめたものではなく、自分たちで、探して選んで交渉して話し合って骨折って、作り上げたものであってほしい。旅立った天使がいつでも帰って来られる場所を。いつでもみんなの手が届く家族としての場所を。そんな居場所を用意してあげたい。