ws0325-01

ws0325-02

ws0325-03

ws0325-04

ws0325-05

ws0325-06

晴天の土曜日。森のワークショップをやりました〜!
京都府和束町にある湯船森林公園内に「三洋化成の森」があります。
今回は三洋化成工業株式会社さんの森づくり活動で、子ども班担当としてお手伝いしてきました。
今回は「森のキッチン」
森の素材で、お料理を完成させますが(食べられません!)、ちょいと集めた素材でのクッキングとはひと味違います!素材も自力で作ります。
最初は「お皿」
オトナ達が間伐した大きめのヒノキをいただいて、一生懸命切り出しました!手ノコですよ〜。子ども達、頑張りました!
次に「食材」
スパゲッティーを作りたいと言われたので、カンナを渡しました。
丸太にまたがって、大量に削りだしました!
間伐で山積みにされたヒノキの枝を引きずってきたら、サラダになりました!野菜炒めにもなりました!
ヒノキの皮をめくって、カレーのルーになりました!
小さな輪切りを重ねてハンバーガーもできました!野菜も入れてね、と言うと、葉っぱを挟んでくれました!
大きさ違いの輪切りを重ねて3段ケーキもできました!
それから「調理」
今回はキッチンなので、ちゃんと調理もしてもらいました。
そのままお皿に盛るのではなく、炒めたり、焼いたり、煮たり。ちゃんと大きなお鍋作ったのですから!お鍋見るだけで子ども達はテンションが上がりますね。
そして「盛りつけ」
彩りよく盛るために、最後はあちこち駆け回ってトッピング探しに忙しそうでした!
青い空と森。子ども達の想像力が大爆発でした。
最初はポッカーンとしていた子ども達も、ちょっとヒントをあげると目を輝かせて、思いつくままにやり始めます。その気持ちをもっともっと引き出してあげられるように、こちらも精進です。
次はもっと面白い企画をやろうと、新しいアイディアにムフムフしています。
arumitoyは100年後の子ども達に森の事を伝えています。
活動内容をご覧になりたい方は、ビジョンのページへどうぞ。

ビジョン