うとぴれすと田園セット(ごっこ遊び)日本製の木のおもちゃ こだわりの安全性【誕生日祝い】

どこまでも空想の世界へ。男の子にも女の子にもおすすめ。

Tiny Toy Wonderland

うとぴれすと田園セット

ごっこ遊びのセット

6,270円(税込)

田園セット:家×5・木×3・柵×1・動物×3
パーツ(高さ):2~6cm

子供が自分で創った空想の世界で遊ぶ。ごっこ遊び・おままごと。

Wooden Toys

田園セットは、かわいらしい動物とユニークな家や木のセットで、女の子に人気。街セットは男の子が大好きな車や建物のセット。男の子も女の子も空想の世界でおままごと遊びが広がります。

子どもの遊んだ後に芸術的な作品が残されているってこと、よくあります。それをそのまま残しておきたい。 絵を飾るようにおもちゃも飾ろう!「片付けなさい!」ではなくて「飾っとこうか!」に変わるかな。

お客様の声

Happy Customers

デザインがオンリーワン!の木のオブジェが気に入りました

森のカフェにぴったりのオブジェを発見!デザインや木のぬくもりが他のお店にないものばかり。

発想を広げながら遊べるおもちゃがうれしい♪

うとぴれすとシリーズが気に入りました!! 子どもが発想を広げながら遊べるところ、木の色々のいろ、手づくりの感じが、 素敵ですね!! 工房も併設してあると書いてあったので、ここに来てみようと思いました。 他にないユニークな […]

木そのものの素材感が好き

  自宅用に購入しました。 購入の決め手は、木そのものの素材、色などがよかったからです。 気に入ったところは、デザインや木の雰囲気です。 【内容精査】うとぴれすと 木のインテリア雑貨 大人も楽しく飾って遊ぶ【日 […]

かわいくて木のぬくもりがある

ぬくもりがあるところや、デザインが気に入りました! かわいいので、ちょっとずつ集めて楽しんでいます!

いやされる木の雰囲気

いやされるところが気に入っています。一つ一つ違うので、並べ替えたりしながら遊んでいます。オリジナリティあふれるグッズをこれからも作ってくださいね♪

木のあたたかさとデザインが可愛い

友人への贈り物にします。 木のあたたかさとデザインの可愛さが購入の決め手です。

こんな方におすすめです

For You

  • 4歳ぐらいの子への贈り物を探している
  • せっかくの贈り物なのに他人とかぶるのはちょっと
  • いつも空想の世界にいる子へ
  • 小さなものを並べたり、動かしたりするのが好きな子へ
  • ナチュラル志向のご家族へ
  • 遊ばなくなっても飾っておけるものがいい!

ごっこ遊びがおすすめな理由

Reason

想像力が勝手にムクムク

3〜4歳になると、自分の世界ができはじめます。アタマの中で考えた事をいろんな形で表現できるようになります。例えば言葉。例えばお絵かき。自由自在にふるまえる、自分だけの世界で勝手に想像力が膨らんでいくのです。そんな時に自分で見立てて動かせる小さなモノがあるとその世界に入って行きやすいんですよ。

並んでいるだけで絵になるから、遊んだ後を見るのが毎回の楽しみです♡

一人でブツブツ歌ったりおしゃべりしたりしながらずーーと遊んでます

片付けないで飾っておける!

Collect and Display

身近な世界の再現から

誰でも知っているものばかりが小さなおもちゃになっているので、見立て遊びのとっかかりになります。

そのままインテリアに

並べるだけで絵になるデザインなので、遊ぶたびに景色が変わっていたりします。見ている方もほのぼのします。

無着色

色んな色があるけれど、どれも着色はしていません。全部、木そのものが持つ色なんです。沢山の樹種を使っています。

端材を使用

工房で出た木の端っこを使っています。何かに使うには小さすぎる、でも捨てるのももったいない!だから小さなおもちゃになりました。

1つ1つが特別

さまざまな色の端材で構成されているので、ひとつひとつが特別。同じものはひとつとない木のおもちゃです。

環境とパッケージ

「森と繋がるarumitoy 」の想いを込めた、オリジナルのパッケージです。使い捨てにしなくていいパッケージを常に考えています。

誰が作っているの?

Creator

木のおもちゃ作家 多胡歩未(たごあゆみ)

高校生の時「自分がやった事で、子ども達を喜ばせたい!」と思って木のおもちゃ作家になろうと思いました。最初は遊園地の乗り物などをデザインする工業デザイナーになりたかったのですが、デザインだけじゃなくて、最後まで自分で作りたい!その想いを突き詰めたら、木のおもちゃに辿り着きました。どうやったらそんな職業につけるのか分からなくて、学生時代は日本中の木工工房を訪ね歩きました。街のおもちゃ屋さんには必ず入りました。

そこに並んでいるのは、いつもドイツの木のおもちゃ。だから「きっとドイツに何かあるんだろう!」と思って勢いよくドイツに飛び出しました。飛び出たはいいけど、言葉が分からない。語学学校に4ヶ月通って、そこからドイツ中の工房を回りましたそんな中で出逢った1人のヒゲモジャの男性に衝撃をうけ直談判で弟子入り志願をしました。
必死の説明(のつもり)を聞いてくれ、「いいよ」との返事で、結局そこで2年半修行しました。今でもボスは家族同然です

その後帰国し、ボスのところと同じ様な環境を探しarumitoyの工房をオープンさせました。最初は「物置小屋に毛が生えた」ようなところからスタートしました。2015年に今の古民家に移転して「おしゃれ」と言ってもらえるお店になりました(笑)

多胡 歩未
1978年生、武蔵野美術大学短期大学部卒
2001年 単身ドイツへ渡り2年半の修行
2004年 京都府加茂町でarumitoyオープン
2014年 クォーター親子がグッド・トイ受賞
2017年 スレンダー・ブロックがグッド・トイ受賞
2020年 知りたがりやのzappieがグッド・トイ受賞 

どんなおもちゃなの?

Wooden Toys

arumitoyのおもちゃはどれも、子ども達の想像力を挟む余地が残されています。基本の遊び方以外にも、自分で考えた遊び方ができるので、前に遊んだ時よりも「もっと楽しいおもちゃ」になるのです。想像力が豊かな子は、自分で判断できる子に育ちます。自分で考えて判断できる人が、これからの社会では必要とされていくと思います。

「なぜ木のおもちゃを作っているのですか?」とよく聞かれます。それは、子ども達の想像力を目の当たりにする時、最高に感動するから!だから、子ども達に負けないぐらい面白いものを目指すし、さらにそこを超えてきてくれるのを期待しています。

だからarumitoyは子ども達の想像力を爆発させる事に全力を注いでいます!環境や安全性にも配慮されており、未来の自然への深いメッセージも込められたオシャレな木のおもちゃなのです。

arumitoy story

ごっこあそび「うとぴれすと」の制作秘話は?

工房で出る、中途半端な大きさの端材にココロを痛めていました。切り落とした後の破片は、何かを作るには小さくて、捨てるにはもったいない!そしてどんどん溜まっていく端材。木はいのちなんだ!!って常日頃言っている身には、「最後まで使う!」コレしかない。もうこれ以上使えないってところまで使ったら、後は燃やして灰にして、土に還せば循環するから。
と言うわけで「小さなモノ」ができたのです。小さなモノがいっぱいあると、並べたくなる。並んでいるだけでかわいい。並べた時に「絵」ができたらもっとかわいいかもって思って。
その「小さなモノ」は実は捨てられる運命にあった端材たち。生まれ変わってこんな世界を作っているよ!という意味で、ユートピア(ドイツ語で「ウトピ」)+残り物(レスト)=うとぴれすと という名前になりました。

メディアへの掲載

Media

受賞

2020.11
知りたがりやのzappie:2020グッドトイ受賞
2017.07
スレンダーブロック:2017グッドトイ受賞
2014.06
クォーター親子:2014グッドトイ受賞

メディア・講演

2018-2020

2020.12
木津川市ふるさと納税パンフレット「絆人」に掲載
2020.11
FM京都αステーションラジオ「Morning Sprite」に出演
2020.07
KBS京都ラジオ「サウンド版ハンケイ500m」に出演
2020.07
フリーマガジン「ハンケイ500m」に掲載
2020.01
広報誌「三洋化成ニュース」に掲載
2018.12
広報きづがわ「絆」に掲載
2018.05
奈良の情報誌「ぱーぷる」に掲載

2016-2017

2017.12
昭文社『ことりっぷMagazine 2018冬号 vol.15 に掲載
2017.09
京都新聞『仕事人』2017年9月14日朝刊に掲載
2017.09
『Discover your own KYOTO Infused with Tea』に掲載
2017.08
広報きづがわ8月号に掲載
2017.05
広報誌「三洋化成ニュース」に掲載
2016.07
KBS放送「京都あかでみー」出演
2016.05
朝日放送「ココイロ」出演
2016.05
毎日放送「Catch」出演
2016.01
エイ出版社ムック「0~3歳のためのギフトカタログ」掲載

2010-2014

2014.11
KBS京都「てっぺんとったるで ~宇治編~」出演
2013.04
PHP研究所「女子彩才 わたし色の生き方」に掲載
2012.12
毎日放送「ポテトなじかん」出演
2012.09
木楽舎 月刊「ソトコト」10月号に掲載
2012.03
BS-TBS「女子彩才」出演
2010.05
雑誌「オレンジページ」に掲載
2010.02
フジテレビ「キレイのタネ」出演

2004-2009

2009.02
NHK総合「京いちにち」ニュース610出演
2008.11
雑誌「Leaf」11月号に掲載
2008.09
よみうりテレビ「ズームイン!! SUPER」出演
2007.10
「京都新聞」に掲載
2007.05
技術評論社「雑貨・ファッション小物を仕事にする」に掲載
2007.04
主婦の友社ムック「おもちゃが大好き!」に掲載
2007.02
京都新聞「トマトマガジン」2月号掲載
2005.05
アスペクト社「手作り雑貨のお店ができました」に掲載
2005.03
毎日放送「ちちんぷいぷい」出演
2005.01
「朝日新聞」に掲載
2004.12
「京都新聞」に掲載
2004.11
アスペクト社「手作り雑貨ができました」に掲載
2004.09
アサヒファミリーニュース社「暮らしの風」9月号掲載

ごっこ遊びのセット

うとぴれすと田園セット

6,270円(税込)

セット内容:家×5・木×3・柵×1・動物×3
パーツ(高さ):2~6cm
送料区分:60サイズ

商品名うとぴれすと田園セット
セット内容家×5・木×3・柵×1・動物×3
パーツ(高さ)2~6cm
仕上げアマニ油

関連商品

arumitoyでのお買い物が、どのように「森を100年後の子ども達につなげる」のかご覧ください。