その小学4年生の男の子はゲームが買いたくて、必死におこづかいを貯めていました。ところがある日、思いがけず、おばあちゃんから念願のゲームが買ってもらえることに。
「ボクは満足したから、妹に誕生日プレゼントを買ってあげる!」なんと、使い道のなくなったおこづかいを、男の子は妹のために使うことにしたのです!
前に、妹が気に入って遊んでいたから、という理由でarumitoyに来てくれました。知りたがりやのzappieを2つ。連結させて遊ぶのだとか。
その足で、男の子は友達の家に遊びに行きました。妹への大事なプレゼントを持って。
そのお家は犬を飼っていました。小学生2人、夢中になって遊び始めると、プレゼントの事なんて忘れます。その隙に、犬はなにやら良さげなものを発見!とりあえず食べました。でも中身はただの木でした。
男の子が気がついた時には、箱もラッピングも袋もめちゃくちゃになっていました。ただ、中身だけは無事でした。
男の子はそれを全部持ち帰り、ていねいに箱を分解して、別の紙で同じサイズの箱を作りました!
それが写真の無地の箱です。お店の箱?関係ないぜ!
男の子に学ぶ、ココロの伝え方。このお話はノンフィクションです!
ココロを込めて贈りたい。
知りたがりやのzappieのページはこちら↓

知りたがりやのzappie

IMG_1294 IMG_1311